FC2ブログ

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)

RSSリンクの表示

検索フォーム

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の気分は?

  • Post on 2012.06.29 20:59
  • Categry : Others
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
pyon-s.jpg

今日の気分は、
とっても軽い。

重い荷物をどっかで忘れてきてしまったようだ。

今となっては何を背負ってたのかも思い出せない。
随分と重かったような気もするけど、
随分と長い間、背負っていた様な気もするけれど
今となってはどうでもいい。

脳みそも半分、どっかにおいてきてしまったようだね。


スポンサーサイト

お菓子(トルタ・デッラ・ノンナ)

  • Post on 2012.06.28 17:24
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
2012-06-27-TortaDellaNonna.jpg


今日はサッカーのユーロ2012で準決勝(ドイツ VS イタリア)があった。
ロサンゼルス時間はお昼の11時45分キックオフ。

準々決勝をみた成り行きで興味があったので、出社早々に携帯電話で実況中継が読めるサイトを探したり
会社のPCも同じようにセットアップ。
サッカー観戦に興味がなかった私には驚くような行動。

朝あった同僚のイタリア人は
「ぼく、今日は消えるから。」と、言っていた。

予告通り、11時すぎに姿を消して戻ってきたのは3時前。

旦那さんも、友達らも仕事そっちのけで友達の家で集まって観戦。
今日のロサンゼルス在住イタリア人は仕事してないんだろうなぁ、と思う。

ドイツがとても強いと聞いてたから負けると思ってみてたのに、1−2でイタリアが勝った。
予想外で驚いた・・・のは私だけではなく、TWITTERの書き込みしてた人々も結構な割合でドイツが勝つと思っていた。

帰ってきてから旦那の話を聞いたら
「いつだって、イタリアはドイツよりも強かったんだ。」と、今日の結果が当たり前のような強気な発言。

ふん、試合前にドイツが強い話をしたら黙って聞いてた癖に。自信なかったんじゃん!・・・と、心の中で思う。

ユーロ危機を考えた。
働きもののドイツが、ノンビリなラテン民族を支える図。
ドイツの国民性に似た日本人としては「不公平だよ。働き者が損する図じゃん!」って思うのだが、
少なくともイタリアに関して言えば全員が「怠け者」ではないと、最近思い始めた(以前は全員、怠け者で注意してないと仕事をさぼる人種だと決めつけていた)。

彼らは力の抜き具合が上手で、時間を楽しむ事が上手。
しかも、「ゆったりしてる」態度を見せ「努力」をあらわに見せない体質なのだ。

外から見たら「何もやってないじゃん、この人」と思われてしまう。

ドイツ人や日本人はもしかすると、努力してることや、勤勉さを態度で示す傾向があるのかもしれない。
ダラダラと残業をしてみたり・・・とか。顔つきも厳しい方がいいとか。

「ずる賢い」と「要領がいい」も紙一重だけど、イタリア人には要領のいい人達・・・足りるを知ってる人達も多い気がする。私の目にずる賢く映ると、本当に腹が立つけどね。

そんなことを考えながらイタリアの準決勝進出をお祝いして
トルタ・デッラ・ノンナを作った。

外はクッキー生地のタルト。
中はカスタードクリームに松の実が飾ってあります。

イタリアのレシピだと砂糖が多く感じたのでアレンジしたら、カスタードの甘さが足りなかった。
もうちょっと研究したら、レシピのせますね!




今日のおかし(マカロン)

  • Post on 2012.06.27 21:30
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
カスタード好きな旦那さんにお菓子を作ってると
どうしても卵白が余ってしまう。

別に好きなお菓子じゃないけど、興味があったのでマカロンにチャレンジ!
抹茶とココアを作ったよ。

2012-06-23-macaron-prebake.jpg

2012-06-23-macaron-predone2.jpg

2012-06-23-macaron-predone.jpg

マカロンは写真にとると可愛いんだなー。おもわず沢山写真にとってしまった。
ココア生地にはコーヒーチョコクリームとベリージャム、
抹茶生地にはホワイトチョコレートをはさみました。

2012-06-23-macaron-done.jpg

今日のらんち(ベーグルと旦那ぱぱ)

  • Post on 2012.06.26 20:33
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
2012-06-19-begle.jpg

普段の平日のランチは仕事の合間にスーパーに行ってヨーグルトやらロール寿司やらサラダを買って済ます。

今日のランチは家に戻ってベーグルを食べた。

「イタリア式だね」と旦那はいう。
今は随分変わってしまったというけど、イタリアのランチは仕事場から家にもどってランチをとり昼寝をして・・・また仕事に戻ったという。2-3時間のシエスタ。

昼はフルコースで食べて夜は粗食(サラダだけ、スープだけなど)なんだって。
健康的だったよね。

しかし、今や近代化でスピードが一番な価値観に変わり時間がどんどんなくなり、仕事場だって遠くなり家になんて帰ってられないのだ。

もっと働くようになって、人生の豊かさは失ってしまったんだね。いや、もっと働くようになったのに物質の貧しさだって増えてるよ。変なの・・・。

資本主義のトラップにハマッテル私達。

2-3時間のランチタイムをとっていたイタリア人が他の国民より働いてなかったか?というと、そうではないらしい。
午後3,4時から仕事に戻った彼らは8時位まで仕事をしてたのでした。

さてさて、私がわざわざランチしに家に戻ったのは・・・
旦那さんのお父さんの80歳の誕生日をイタリアにいる家族と一緒に祝おう!というプランだったのです。
ミラノに住む二人の息子はお父さんの誕生日プレゼントとして、南イタリアに2日だけサプライズの帰郷。
気軽に行けない私達はスカイプで誕生会に参加というわけです。

家につくと、ケーキを前にしたパパさんと家族たちの姿。
すっかりイタリアにいる気分でお祝いです。

私達からのプレゼントは・・・手画きの漫画(笑)。子供のようなプレゼントだね。
パパさんの80年の人生を13ページにまとめた漫画。
その中に子供達からの感謝を一杯詰めてみた。

漫画のいいところは、ストレートに伝えると思わず拒否してしまう感情や情報もギャグ満載な漫画式で伝えると表現がやんわりして無理なく伝えることができること。

漫画のデータを兄弟にメールして、現地でプリントアウトしてもらいました。

テクノロジーを駆使した誕生日のお祝い。
便利だけど、やっぱり本物にはかなわない。
「来年はイタリアに行こう!」と話してました

さてさて、ベーグル。
今回は市販のパンプキンシード・ベーグルを購入(次回は作りますよ~)。

たかがベーグルでも食べ物好き旦那さんにはこだわりがある。下記の順番でベーグルを飾らなければならない。

1. まず、絶妙なクリームチーズの量でベースをつくる
2. トロトロなエアルーム・トマト(私はトマトのトロとよんでます)
3・ 塩(トマトの上に均等にかけなくちゃいけないらしい)
4. スモークサーモン
5. レモン
6. オリーブオイル
7. 胡椒

この順番が狂うと味とバランスが変わるというのだ。
同じ材料なのに、うるさいなぁ。
と、思うのだけどフォローする。

おいしかったぁー。 

今日のゆうはん(サルディーンのファルファッラ)

  • Post on 2012.06.25 19:33
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今日はサッカーのEURO 2012でイタリアVSイギリスがあった。
友達の家でお昼から観戦。

ランチのクロワッサン+オムレツ。
ダラダラと居座ってで
最後はオイルサルディーンの缶でパスタを作ってもらった。

2012-06-24-pasta.jpg

あっという間に出来て、材料費も安くって、最高に美味しい!
ワインがやっぱり飲みたくなってしまうね。

ちなみにサッカーはイタリアの勝利。
普段はスポーツ観戦が苦手で殆どみないんだけど、みんなで見たらとっても楽しかった。

きっと、何かを一緒にやってる行為。
感情をシェアする行為が楽しかったんだと思う。

次は木曜日にドイツと対戦だよ!
ドイツは強いらしいけど、勝てるといいなー。

簡単なレシピを確認!

自由

  • Post on 2012.06.25 14:05
  • Categry : Life
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
Chiguhagu.jpg

私は朝、会社に行くときの服装を選ぶのが嫌いだ。

まず、眠くて頭が働かない。
疲れるからお洒落なんてする気にはなれない。

「先週の何曜日にこの組み合わせで着たかな?」
なんてぼぉ~っと考えながら結局は先週と同じカッコウを今週も繰り返すことになり・・・飽きる。

「制服があった頃は楽だったな」
なんて考える。

今日は先週のいつかにきたスカートとTシャツのコンビネーションを取り出してみた。
そこまでは、まぁ良かったかもしれない。

そのあとに目に付いた絶対に合わないカラーのカーディガンを着てみた。

「何におかしい」

3つの柄がお互いに浮いている。

それでも、この「何かおかしい」のが面白くてこのまま出勤した。

仕事場にはセレブリティーのスタイリングをしてる人が数人いる。
ファッシニスタと呼ばれる人。
その人たちは大したカッコしてないけど、人を批判するときはとっても口が悪い。

「今日のカッコ・・・4歳児が自分で服を選んだみたいだね。キュート!」

なるほど。
確かにそんな感じだった。気に入ったものをただ着てみた感じ。

ひとことで言うと
「自由」

私の心地よさは絶対に合わない組み合わせを着て出かけちゃう「自由」な感じにあったんだ。

普段、自分の美的センスで服を選ぶだけじゃなくて
他人の目も相当きにして選んでるんだな。

この「自由」、癖になりそう。



土曜日のあさごはん(ベーグル)

  • Post on 2012.06.24 23:15
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今日は土曜日なのに早起きして
1時間ちょっとで出来るベーグルを作ったよ。

2012-06-23-boil2.jpg

2012-06-23-boil.jpg

こねて、成形して、ゆでて焼く。

2012-06-23-bagle2.jpg

初めての割にはうまく出来た・・・

2012-06-23-bagle.jpg

と、思ったら3分もしない内に表面がしわしわになっちゃった。パリパリな表面が美味しいのに。
勉強しなおして再チャレンジします。

シワシワながらも美味しい朝ご飯でした。

2012-06-23-eggo.jpg

2012-06-23-salmon.jpg

2012-06-23-choshoku.jpg



ちょっとアース(地球)なデザート

  • Post on 2012.06.24 22:00
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
2012-06-18-Maaccha.jpg

昨日、逃避中につくった抹茶プリン。
分量の砂糖をいれたのに、抹茶ミルク用(加糖済み)の抹茶を加えてしまった。

どうもレシピ通りに作らずに
「これを変えてみよう」

と、チャレンジしてしまう癖がある。
これも逃避の一環なのか?

甘い・・・
甘すぎる・・・

しょうがないので食べる時にミルクをかけて
味が渋くなるように黄な粉もかけてみた。

火山があったり、大地があったり・・・見た目はまるで衛星からとった地球の写真のようだ。

こしあんを加えたいなぁ、
と、味を思い出しながら食べる。

Read more >

今日のゆうはん(ポークチョップ)

  • Post on 2012.06.23 23:01
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今日は久しぶりに私が全部作った。
塩・胡椒・レモン・オリーブオイルで15分ほどマリネしたポークチョップをローズマリーとセージで焼いたもの。アボカドにオリーブオイルとちょっとレモン、醤油、そしてほうれん草。

2012-06-14-pork.jpg

パンと旦那の買ってきたチーズ。日本人の友達が家の冷蔵庫を開けた時に「さすがイタリア人の冷蔵庫!」と驚いた事がある。一体、何を言ってるのだ?と思ったら、冷蔵庫の中に5、6種類のチーズがゴロゴロしてるのを見て驚いてたらしい。外人が日本の冷蔵庫をみて驚く事って何だろう?

私が留学中に一人暮らしてた時の冷蔵庫をみて友達が驚いてた。
ミニミニ人参ひと袋のみ。

あの時は料理なんてする気なかったもん。
今でも一人暮らしになったら、きっと人参ひと袋の生活に戻る事は間違いないでしょう。

2012-06-14-pan.jpg

芋づくし。ここにはジャガイモがイエロージャガイモ(普通のやつ)、紫ジャガイモ、レッドジャガイモの3種類と里芋をローズマリーとベイクした。

2012-06-14-imo.jpg

残り物のサツマイモを温めた。残り物らしく、仲間はずれ。

2012-06-14-imo2.jpg

今日の旦那さんとの会話は、子供をもつ事で一人の人間がどんな風に人格をみにつけて、どんな封に両親や環境の影響を受けて、最終的にどんな人生を選択するのかある程度まで見れる事のワクワクだった。

その人の人生が終わるまで(通常は親が先に死ぬからね)見れないかも知れない。
その時はあの世からしっかり観察させてもらうことにしよう。

おりんこ

  • Post on 2012.06.23 13:33
  • Categry : Others
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
Orinko-s.jpg

おりんこちゃん。

ペンを持って紙(神)の前に座ると、
たまにこうやって変なキャラクターが出てくる。

キャラクターは自分の名前を自ら名乗るので、
私が決めた名前ではない。

「私の名前はおりんこちゃん」

怖いんだか、可愛いんだか分からないキャラ。
座敷わらしみたいなイメージもある。

「おりんこちゃん、何がしたいの?」と聞くと
「遊びたいの。」という。

おりんこちゃんは、ペン書きだったのに
ブログに載せようとパソコンに取り込んだら、スイカをかぶせてくれという。
なんだか楽しそうな人になった。
2,3日遊んでみることにした。

座敷わらし。
「家人に悪戯を働く、見た者には幸運が訪れる、家に富をもたらすなどの伝承がある。」by Wikipedia



今日の逃避度

  • Post on 2012.06.23 00:04
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今日もクリエイティビティー150%なのに
いい案がまとまらず描けない・・・

ついついおかし作りに励んでしまった。
イタリアのカーニバルでの定番お菓子、カスタニョーラ。
イーストを使ってない丸いドーナツですね。

2012-06-17-carnival.jpg

そんでもってクロワッサン。
アプリコットジャム入りだよ。
(明日の朝、焼きまーす)

2012-06-17-croissant.jpg

しかも、抹茶プリンまで・・・やってしまった。

2012-06-18-,accha

本当はみかんケーキも作りたかったけど、それはまた明日。

今日の夕食(残り物)

  • Post on 2012.06.22 10:21
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今日のメインは残り物。

見覚えのあるオリーブとアンチョビのペンネ。

2012-06-20-penne.jpg

フライパンにお湯をすこしだけ足して温めて、最後にチーズをかけることで水っぽさを「トロっ」に変えてた。
チーズは私達でいう「片栗粉」の役を果たしてるのだと思う。

ピザパーティーのお土産でもらったピザ生地でフォッカッチャ。
オレガノとアンチョビ、塩・胡椒とオリーブオイルをかけて

2012-06-20-focaccia-nama.jpg

焼く

2012-06-20-focaccia.jpg

E君の生地は美味しい。

ジャガイモは粉ふきいもにして塩・胡椒・オリーブオイルにイタリアの唐辛子(赤と茶色と緑の唐辛子がはいってた)をかける。唐辛子をかけることでちょっと締まる。ポテトは紫、赤、白と3種類つかったので色が楽しい。

2012-06-20-imo1.jpg

お肉が安かったから買ってきた(2枚で10ドル)

「安い肉は塩とオリーブオイルでマリネすると、高い肉っぽく焼けるよ」
料理の先生の言葉を思い出してマリネして

2012-06-20-niku-nama.jpg

焼いて、さらにオリーブオイル。

2012-06-20-niku-yaki.jpg

美味しくなってた・・・と思う。


ロサンゼルスでのイタリア人の集い方の例

  • Post on 2012.06.22 08:25
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
ロサンゼルスでみるイタリア人は結束が固いように思える。

リトル東京、コリアンタウン、チャイナタウン、ベトナムタウンはあるけど、サンフランシスコにあるようなリトル・イタリーはロサンゼルスには存在しない。

ちょっと待てよ・・・結束が固いのか、単に人と集うのが好きなのか分からないな。
寂しがりやが多いような気はする。
何かと理由をつけてランチしたりカフェしてるイメージもあるし。
イタリア人同士がはじめてあって、数分話してるだけで共通の友人が必ず数人出てくるのも特徴的。

今日はピザパーティーに行ってきた。
イタリア人が15人ほど集まってた。

Eくんの家で手作りのピザ。
フォッカッチャからはじまり、色んなトッピングで遊び色んな種類のピザを作ったよ。

・・・この集い方は日本でいう鍋パーティーや手巻き寿司パーティーと一緒だな。

大量のピザ生地

2012-06-19-pizza1.jpg

用意される具たち

2012-06-19-pizza2.jpg

2012-06-19-pizza3.jpg

飲み物はアペリティーボにはじまりワイン。
プロセッコとカンパリに似た赤いリキュール(写真の中で裏に隠れたあかいやつ)を混ぜたカクテルがとっても美味しかった。妊娠発覚からはじめての1杯・・・ちゃんと一杯でやめれた。

2012-06-19-pizza4.jpg

作ったピザの一部を紹介するね

2012-06-19-pizza7.jpg

2012-06-19-pizza9.jpg
(マッシュルーム、モッツァレラ、スモークモッツァレラ、ルッコラ)

2012-06-19-pizza10.jpg
(シンプルにトマトとバジルだけでやいて、食べる直前にブッファロ・モッツァレラをのせてる)

2012-06-19-pizza8.jpg

「今、庭からとってきたズッキーニフフラワーをのせよう」と突然もってきた花にちょっと火を通す。

2012-06-19-pizza6.jpg

庭に行ってみると、明らかに雑草が茂りまくってジャングル。あのズッキーニはこの茂みの中からでてきたのか?
ちなみにこの「庭」の土はナショナル・パークであるグリフィスパークから持ってきたんだって。

「無料なんだよ。自由に持って帰っていいんだよ」と、E君。
「(ほんとかい?)」と突っ込みたかった。

2012-06-19-pizza15.jpg
(マッシュルーム、ペコリーノ、モッツァレラ、プロシュート、ルッコラ)

2012-06-19-pizza14.jpg

2012-06-19-pizza12.jpg
(ホワイトピザ・・・トマトソースを使わずに数種類のチーズとマッシュルーム)

2012-06-19-pizza11.jpg
(トマトソースだけで焼いて、最後にルッコラとブッラータ・モッツァレラ)

2012-06-19-pizza18.jpg

2012-06-19-pizza19.jpg
(ペコリーノのスライスと洋梨、ルッコラをのせて焼いて、最後にプロシュートとパルメザンチーズのスライスを飾る)

何種類食べたか分からない。

Eくんのオーブンは家庭用なのに、ピザの焼き具合はパリパリ、カリカリ、厚みのある部分はもっちりのプロのテイストだった。

2012-06-19-pizza17.jpg

「これはふる~いモデルなんだよ。オーブンを熱してると焼ける位に台が熱くなって危険。この熱さがピザを美味しくやきあげるんだ。新しいモデルは安全のためにここまで熱を上げることができないんだ。」

お店開かないかなぁ?

ちなみに数人いた女性は誰一人働かず。キッチンに入る事も許されない様な感じでした。

私はカスタニョーラとカスタードクリームを作って手土産にもっていきました。

食にうるさいイタリア人の集まりにイタリア菓子を作るとは大胆なアイデアだったけど、大喜びであっという間に完売。
ふふっ、イタリア人をも感動させられるとは私ってすごい。

な~んてね、
これはとっても簡単なお菓子で、このすぐれたレシピのおかげで誰もうまくできますよー。
shinomaiさんに感謝。

今日のゆうしょく(オリーブとアンチョビのペンネ)

  • Post on 2012.06.20 16:30
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今日はアンチョビとオリーブのペンネ。

2012-06-18-pasta2.jpg

作り方は見てなかった(すみません)・・・。
でも、とーっても美味しかった!!!

「塩をいれてないんだよ」
と、旦那さん。

2.5人分で、黒と緑のオリーブを一つづつと、アンチョビを入れたのが塩味になってるだけで、
ペンネをゆでた時にいれた塩以外ははいってないそうです。

ピザソースの残りのトマトもはいってます。ピザソースといっても何が入ってるかわからない既製品ではなく
ピールトマト缶ひとつを鍋にいれてバジルをいれてグツグツ煮たもの(20分位かな)。最後にオリーブオイルをひと回ししてた。

「既製品のトマトソースはニンニクやガーリック、余計な香辛料が入るから駄目なんだ」
と、旦那さんはプンプンします。

2012-06-18-pasta.jpg

塩味が絶妙でいくらでも食べれちゃう味でした。

これは私の好物「鶏レバー」料理。
鶏レバーの料理方法は色々あるのですが、今日は時間がなかったから一番簡単なもの。
グリルしたレバーにオリーブオイル、レモン、その辺にあるハーブ(今日はセージとパセリいれてた)と和えてちょっと放置。

2012-06-18-lever.jpg

ビールが飲みたくなる一品・・・。飲みたい。

これは私の作品。
シンプルすぎでズルイね。

2012-06-18-avocado.jpg
作り方

元のレシピはやっぱりシンプルで、アボカドをつぶして(潰し具合はお好みで)塩、レモン、胡椒をかけてまぜるだけ。塩の効いたチップスと食べると美味しいディップになるよ。
今まで色んなワカモレのレシピを見てきたけど(トマト、シアントロー、タマネギがはいったようなやつ)、このシンプルな味付けが一番美味しい。メキシコ人から教えてもらった一品です。

このグラス、BED BATH & BEYOND という日常品屋で購入。
いくらだと思う?

2012-06-18-glass.jpg

このサイズとこれを2倍高く伸ばしたグラスが8個づつはいって(合計16個)$9.99。

「安い物ほど長持ちするー高いものほど壊れる」
「安いものほどなくならないー高いものほど無くす」

と、いう法則しってますか?長く使いそうなコップだなー。




私の直感の使い方

  • Post on 2012.06.19 19:29
  • Categry : Life
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
妊娠の本を沢山読んで、
情報が一杯になって
頭がショートする。

結局、誰一人まったく同じコンディションの人なんていないんだから
唯一の正しい答えなんてないんだ。

だから、直感を使う事にした。
「食べたいものを食べる」

このアドバイスが一番ピンっとくる。

2012-06-09-chokkan-ninpu.jpg

体が一番、何が必要が知ってるんだよね。

今日の朝ご飯 (クロワッサン)

  • Post on 2012.06.18 14:56
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
「今からクロワッサン買いに行ってくる」
と言う、旦那さんの言葉で日曜日の早朝に起こされた。

旦那さんはクロワッサンが大好きだ。

美味しいクロワッサンを求めて、色んな店を回ったけど
彼の求めてるクロワッサンに出会った事はなかった。
そんな経緯で私がパン作りをはじめたのでした。

しかし、そんなにしょっちゅう作ってられるわけでもなく
クロワッサンの切れた朝に、こういうことが起こる。

「いってらっしゃーい」
と、私はまた眠りに戻る。

お気に入りのカフェでクロワッサン3種とレーズンロールを購入。
この小さいカフェには「LAで一番美味しいエスプレッソを出す」とイタリア人達がたむろする。
ビバリーヒルズにあるユーロカフェ。

オーナーはサッカー好きのアルメニア人。
サラダやパニーニも美味しいので大のお勧めです。

2012-06-16-eurocafe.jpg

クロワッサンを几帳面に並べて、カプチーノを作ってくれた。

左から、アプリコット入り、カスタード入り、プレーンの3種類。
「アプリコットがイタリアでは定番なんだ」
と、アプリコットから食べる。

2012-06-16-apricotto.jpg

妊婦の私にはエスプレッソがチョットしかはいってないカプチーノ(ちっ)。
ピノキオのカップがかわいい。

2012-06-16-cup.jpg

ゆるゆるハートとガチガチはーと

  • Post on 2012.06.16 21:55
  • Categry : Life
  • Trackback(0)
  • Comment(1)
ハートには”ゆるゆる”と“ガチガチ”があるんだよ。

2012-06-11-story1.jpg


最近、知り合いのE君を観察して発見した秘密。
E君はマエストロ(マスター)と友達から呼ばれてる。

この前、家に遊びにいったらピカピカのピアノ。
「どうしたの!?」とビックリする私に
「Thrift storeで見つけたんだよ」とE君。

2012-06-11-story2.jpg



Thrift Store
は人々が捨てた要らなくなったものを販売してるお店。
洋服だけじゃなくて、ピアノ、レコード、タンス、フライパン・・・な〜んでもある。

世の中にいかに物が溢れて無駄にされてるのだろう・・・と、考えさせられる店。

「最近、テレパシーを感じるんだよ。『あれが欲しいなぁ』なんて思ってると、ある日『今日はThrift Storeに行くべきだ』って感じるんだ。そうすると欲しいものがちゃんとあるんだよ!」と自信満々に言ってた。

この間は、彼の友人がネットを検索し尽くしてやっと600ドルで購入したジューサーをThrift Storeで50ドルで手に入れていた。

でもね、E君がいつもこんなにラッキーかというとそうじゃない。

ガチガチはーと状態のE君。

2012-06-11-story3.jpg

何かの治療法を探したり、健康食品を探したりしてる時は余裕がなくてハートがガチガチ。

2012-06-11-story4.jpg

検索に検索を重ねて、気がつけば大金をつぎ込んじゃってる。

2012-06-11-story5.jpg

情報がE君を押しつぶして、すごく辛そう。
マエストロなE君なら、ピアノを手にしたように彼いピッタリくる治療法や健康食品がみつかるだろうに・・・と思う。

ガチガチはーとだとインスピレーションの入る隙間がないんだよね。
切羽詰まってるときほど笑えないんだけど、
そんな時ほど笑いでゆるゆるになれる大人になりたいなー。

2012-06-11-story6.jpg


ケーキを焼く理由

  • Post on 2012.06.15 21:58
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
私がケーキを焼く理由には色々あるけど主な理由は二つ。

ひとつ
誰かにプレゼントしたり、頼まれた時。

ふたつ
煮詰まった時。

お菓子やパン作りは私にとって瞑想してるようなもの。
煮詰まった時には最高なのだ。
学生のころ、テストの時期になると勉強に煮詰まった私のおかげで
食卓には毎日ケーキが並んでいたなぁー。

今日は煮詰まった。
創作しなくてはいけなくて、机に座るがあと一歩のところでインスピレーションが湧かない。

そんなとき、頭が逃避に入り
お菓子のレシピをネットで探し始める

今日はイーストを使ったパウンドケーキを発見。
作ってみたよ。
自己流アレンジでゴディバのココアも加えてマーブルパウンドケーキにしました。

2012-06-10-Cake.jpg


ココア生地が生焼けでお腹を壊してしまった。


今日の夕飯(おならがでそうな)

  • Post on 2012.06.14 21:42
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
私の好きな旦那さんのレパートリーの中に豆のパスタがある。
今日作ってくれたのは「Pasta Con Ceci (パスタ・コン・チェーチ)」

チェーチはひよこ豆の事だって。

パスタはフェットチーネを使ってたけど、何でもいいみたい。
ちょっとトマトとソーセージが入ってました。

2012-06-12-pasta.jpg

パスタを作ってる横で私は「焼き芋」を作っていました。
今も焼き芋屋さんっているのかな?

「焼き芋〜」って声がすると、すぐに母親のところにお金をもらいに行って家の外に飛び出した。

子供の頃は500円札(ちょっと青みがかってるんだよね。随分前だ・・・)をもっていくと、でっかいのを4、5本くらい新聞紙にくるんでくれたような覚えがある。バターで食べる派、塩で食べる派、何もつけない派。
今日の芋はホクホクしてなくて、甘さも物足りなかった。塩なしでは食べれませんでした。

しかし、今日は何でまたガスがたまる物ばかり・・・

世の中、重なる時は同じような事が重なるものです。

2012-06-12-imo.jpg

オーブンに突っ込んだだけ。
今日も料理にはこだわれないので、盛りつけにこだわってみた。
かわいい。

ケチは損してる

  • Post on 2012.06.14 21:41
  • Categry : Life
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
最初にー
「ケチ」な人と「無駄にしない(もったいないという気持ち)」人は全然違うことが前提です。

最近、ケチな人が目につくから研究してみた。
お金があろうが無かろうが、ケチな人はそうでない人よりも余計(不必要な)な出費(もしくは苦労)が多い事に気がついてしまった。

ケチだからお金があるわけじゃなくて、
ケチな分、余計な出費も多くて、そうじゃない人以上に動いてるからお金があるんだと思う。

そうでない人は「ケチ」じゃなくて「無駄をしない」考えが出来るからお金がある。

「ケチ」でお金の無い人は浪費が多いからしょうがないよ。

「無駄をしない」人でお金の無い人は、周りからみたら貧しくみえるだけで実際の生活の質はとっても豊なんだと思う。

例えば、知り合いのケチ君は、PCが壊れた時に修理にお金を払うのが嫌で自分で何日も掛けて直した。

2012-06-09-kechisan1.jpg

2012-06-09-kechisan2.jpg


彼は仕事をすればするほどお金になる人だから、修理に掛かった時間でPCを何台も直せる資金が入るのに「ケチ」が先走ってそれに気がつかない。

例えば、知り合いのケチさんは何よりも安いものを求めるために

2012-06-09-kechiko1.jpg

2012-06-09-kechichan2.jpg

何度も買い直しや修理するはめに陥り結局は何倍もの出費をするパターンに陥ってる。本人はそれに気がついてない。

2012-06-09-kechichan3.jpg

例えば、知り合いのケチちゃんは友人達と食事に行ってもなんとかお金を払わない様にトイレに逃げたり財布を出そうとしない。彼女を助けようとする友達は減っていき、苦労してる。

何でケチは損するんだろう。
ケチは何とか得をしようと「計算」しすぎるからじゃないかな。

2012-06-09-keisankun.jpg

計算すると思考が働いて、思考にエネルギーがいくから直感が働かない。
本当に「得」を持ってくるのはあたかも緻密に計算された結論じゃなくて直感なんだと思う。

2012-06-09-chokkanchan.jpg


思考はね、直感を不能にすることができちゃうんだよ。

3月11日に起きた東北での津波の生存者へのインタビューで多くの人は
「動物的直感を使いました」と言っていたんだよ。

2012-06-09-tsunami.jpg


直感はあっという間にベストな答えをくれるんだ。

でもね、人は計算や条件でだされた方を信じたくなるの。
何でかというと、誰かのせいにできるじゃん。

直感を信じて失敗したとなると、人のせいにできないもん。

自分を信じてないと直感の通りに動けないんだね。

こういう昔話よくあるよね。

2012-06-09-story1.jpg

2012-06-09-story2.jpg

2012-06-09-story3.jpg


このケチ君は欲深さも持ってるんだ。
ケチと欲深さがタッグを組むとそりゃあ大変、手のつけようがなくなる。

今の政治家さんにこういう人が多いな。
責任取りたくない政治家さん達だから、本当に大切なものが見えてない舵取りになっちゃうんだなー。

困ったものです。

今日のゆうはん(ひとりごはん)

  • Post on 2012.06.13 23:40
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今日は旦那さんが留守。
もちろん、料理をする気などサラサラない。

一人の時は人参かじって、柿ピーを大量に食べてれば満足な私。

そんな私だからこそ、神様は私に旦那さんをあてがってくれたのだろうか?
と、たまに思う。

数週間前の冷凍ペルジャンご飯に昨日の魚、そして豆のマリネを全部混ぜた
「混ぜご飯」

2012-06-11-Nokorimono.jpg


美味しくて食べ過ぎてしまった。
そう、一人だと食べ過ぎちゃうんだな。

今日のゆうはん(魚とペンネと豆)

  • Post on 2012.06.12 20:40
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今日はファーマーズマーケット(ロサンゼルス、サンタモニカ、ハリウッド・・・各地のどこかに毎日出没する新鮮野菜、果物、魚、肉にパンなどなどを売る露店)で魚、焼きたてパンとズッキーニを購入。

スーパーと違って季節によって陳列される商品が変わるのが嬉しい。

私「白桃ありますか?先週食べて、すごく美味しかったの」
店主「今日はないねー。白桃は1週間おきじゃないと収穫できないんだ」

なんて会話が出来る。

私「オレンジ6個下さい。」
店主「3ドル50セントです」
私「あ、3ドルしかない・・・」
店主「いいよ、3ドルで」

なんて会話も出来る。

ちなみにここでは現金しか使えない。

24時間営業の大型スーパーが幅をきかせる中、ここでは健康フリークがとても多く
ファーマーズマーケットはしっかりと成り立つ。

ほら、こんなに沢山の場所で月曜ー日曜日まで開かれてるよ。
http://projects.latimes.com/farmers-markets/

こんな感じ。
FMcrowd2.jpg

それでもって夕食は

白身魚のオーブン焼き(ちょっと粉とパン粉つけてた)
新鮮だと火加減とか料理しやすいと旦那さんは言っておりました。

2012-06-10-Sakana.jpg

ズッキーニのペンネ。
この前、ズッキーニのパスタを作ってもらったけどパスタがかわるだけで味が変わるのが不思議。

2012-06-10-Penne.jpg

パンとスペインのマンチェゴチーズ(とても食べやすいチーズだよ)を食べて
2012-06-10-Pane.jpg

これは私の作品。豆のマリネ。
オリーブオイルとレモン、パセリ、セージ、ガーリック、塩、胡椒でマリネしたもの

2012-06-10-BeansUp.jpg

ちっこい豆は近所のおばさんが自家農園で作ったものをもらった。
見かけは空豆みたいだったからゆでてみた。
開けてみたら大豆みたいだった。

なんの豆かよく分からなかったけど、美味しかったです。

今日もまた、ごちそうさま。


あなたの家はどこですか?

  • Post on 2012.06.11 18:22
  • Categry : Life
  • Trackback(0)
  • Comment(1)
私はアメリカに来てから、殆どバケーションをしたことがない。
日本に居た頃は年に2回は海外旅行に行ってたような気がするのに。

やっと休みを取れると、日本かイタリアに「帰る」ばかりで「バケーション」と言える旅じゃなかった。

そこまで必要としてない・・・というのもあり。

旦那とアメリカに暮らしてる事について話すと
「結局、長い旅行してるって感じなんだよねぇ。」
となる。

「常に旅行中だから、バケーションをそこまで欲してないのかもね?」ということ。

私達はビザでアメリカに滞在してる。
ビザは3年おきに「更新」しなくちゃいけない。

3年経つ毎に「あなたは、まだアメリカにいるんですか?」と確認をされてる気分。
「私はこれから3年、この生活をしてたいのかな?」と自分に問う機会でもアリ。そういう意味で人生を小刻みに振り返れるのはとてもいい。

しかし、こっちがその気でも更新を拒否される場合もあるから何処かで常に「いつでも旅立てる」準備があるのです。だから、なが〜い旅行の最中って感じが抜けずに放浪者気分。

「家はどこ?」
と、聞かれると

「東京です」
と、普通に答えてしまう。
訂正もしない。

だって、私の家は東京で今は仮住まい的にロサンゼルスに暮らしてるだけだもん。
かといって、東京で「家はどこ?」といわれると「東京」と胸はって答えられない・・・。

もう、9年以上もアメリカで暮らしているのにこの自覚のなさ。

自覚がないから、家具とか「移動」する時に面倒なものを買おうとも思わない。

今度生まれてくる彼はどこを「家」だと思うんだろう?彼も放浪者の血を継ぐのかな?

東北で避難を余儀なくされてる方々を思う。
その土地に根をはり、仕事をされ、家族やコミュニティー、社会を作ってきた方々。

長い時間をかけて太く、深く、立派にはられた根をむしり取られたらどんなに痛いだろうか。
どこから水分を養分を得ればいいのか。

とっても悲しくなってきた。

私は生まれた土地を自ら移動した人です。
思い返せば根を張らない様に、仕事は何処でも身一つで出来るものを選んできたように思う。
コミュニティーやグループには所属しないようにしてきたし、
いつ移動しても後残りがないような生き方を選んできた。

そんな私だから役に立てる事があるかもしれない。
地道に考えてみよう。

今日のゆうしょく(ずっきーにグラタン)

  • Post on 2012.06.10 22:26
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
グラタンではないことに気がついた。
先日の残り物のマッシュポテトを敷いた上に揚げるように焼いたズッキーニ、最後に卵液とパルメザンチーズ。
オーブンで焼いてました!生まれて初めて食べた新作です。

2012-06-09-zucchini.jpg


私達は二人暮らしなので、残り物が出やすい。
そして、残り物を変身させるのがとっても上手なのです(旦那さんがね)。
そんな時ほど新作が生まれる。

制限があるほど、人間の想像力って活動するんだなぁと思う。
私なんかも、ある程度デザインに制限をだされると良い作品に仕上がりやすいもん。
なんていうか、狭いエリアに全てのエネルギーが集中するというのかな。
密度の濃い時間が作業に詰められる感じ。

旦那の作曲やアレンジみててもそう思う。
完全な解放や自由に対して、自分を同じように全開できるまでいってないんだね。

まだまだ修行が足りませぬ。

夕食の話にもどって・・・鶏のササミをフライパンで焼いてました。
ズッキーニの料理とバッチリな相性。

2012-06-09-chicken.jpg


これは旦那さんの好物のピタチップス。

2012-06-09-pita.jpg

シーソルトがバッチリきいてやめられない味。
よくチーズやサラミのスライスと食べてますよ。

PRIDE パレード ロサンゼルス

  • Post on 2012.06.10 13:43
  • Categry : News
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今日は第42回目のプライド パレード LA。

プライド・パレードはレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー(性転換したひと)コミュニティーを祝うお祭り。

2012-06-10-pride1.jpg

ゲイタウンで知られるウエスト・ハリウッドのサンタモニカ通りで行われた。

2012-06-10-pride3.jpg

私はこの近所に住む。
金曜日からバスが止まったり、道路が封鎖されたりの3日間かけた大きなお祭りで私達は外出するのがおっくうになり引きこもりな週末です。

ロバートソン通りに設けられたイベント会場からは土曜日の夜中までバントやDJの演奏が鳴り響いてた。
東京ドームがまだ後楽園球場だったころ、近所に住む私の家までコンサートの音、野球観戦の人々の歓声が聞こえてきてたのをかしく思い出す。

なんだか安心する。

プライド・パレード。
見に行ってきた。

2012-06-10-pride4.jpg

人々はレインボーのアイテムをつけて、歩いてる。
人は溢れてるけど、仮装してる人も少なく何かを訴えてる人の姿もあまりなくダラダラ歩いたり近所のバーで飲んだりって感じだった。

数年前は同性の結婚を許可させるための訴え(提案8に反対!)を多く見たような覚えがあるけど、今年は分かりやすい訴えを見なかった。

オバマ大統領が先日ABCニュースで同性婚を指示する発言をし、その直後に多額な献金を得たという話をクリスチャンの友人からきいた。
http://rainbowgrid.blog.fc2.com/blog-entry-99.html

「オバマはアンチクリストだ!あいつはルシファーだ!」と。
「聖書通りに行けば、オバマは暗殺をされそして生き返り、その後エジプトで神としてあがめられ悪魔がこの世を支配・・・」と恐ろしい話までしてくれた(ぶるぶる)。

別のクリスチャンの友人は「ゲイは嫌いだ。彼らは人間として繁殖するべき神/自然の摂理を阻んでる。」と。

近所でみるゲイやレズビアンのカップルには子供がいたりする。
「養子をもらったの!」というカップルや「代理出産で」というカップル。

異性婚をして子供を生まない選択するカップルもいる世の中だから私はどっちでもいいのではないか?と思っちゃう。

世の中には人口増加問題に対して
「ワクチンで人口削減が可能」と発言するビル・ゲイツや
http://www.youtube.com/watch?v=b4vE8AdSPGc

「日本の人口は6000万人くらいがいい」という設定で考えてる維新の会
http://www.youtube.com/watch?v=INFhvMVbSC0

最近、急増するゾンビ(人肉を食べる人々)現象に対して
「あれは陰謀者なんだ。人口を減らすには人に人を食べさせるのが一番」なんて恐ろしい発言をする人までいた。

なんて、世の中でしょう。

平和に男女を超えた愛を祝うパレードしてる世界が美しく見えてきました。
こうでなくっちゃ!

2012-06-10-Pride2.jpg


今日のひるごはん in カルバーシティー

  • Post on 2012.06.09 21:08
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今日は友達とランチをしにカルバーシティーにいった。

フレンチカフェのCafe Laurent
http://www.cafelaurent.com

カルバーシティーのメイン街からちょっと離れて
住宅地の角にヒョコンとある可愛いカフェ。

知らなかったら絶対にいかないような場所

本物のフランス人がやっていて、店に入るとフランスかと思えるような内装。
屋外スペースも開放感あふれて好きな感じ。

レストラン名がフランス語だとしてもフランス人がやってるとは限らない。
イタリア語の名前でメキシコ人がやってるイタリアレストランも多いし、
日本名の寿司屋で韓国人がやってるところも多い。

先日見つけたフランス名のお菓子屋は「フランスが大好きなベトナム人」がやっていた。

日本にいたころは日本人のやってるフランス菓子や、イタリア料理屋、中華料理、韓国料理・・・どこでも行ったし、大抵は美味しかった。いや、美味しいだけじゃなくて地元の料理を日本人の器用さと繊細さでより日本人の口にあう絶品にしあげていたのである。
イタリアに行った時に「日本のイタリアンの方が美味しいや」なんて印象もったのもたしか。

今思えば、日本のイタリアンは「イタリアン」じゃなくて「ジャパーイタリアン」だったんだね。
旦那が東京の人気イタリア料理店に行った時、「美味しいイタリア風日本料理だ」と思って食べてたらしい。

ロサンゼルスではそうはいかない。その国の人がやっていなければ「見よう見まね」のレベルの料理しかでてこないのだ。だから、要注意なのです・・・。

今日食べたのは
クレープ(チキン、赤ピーマン、タマネギ、トマト)

クレープ


オムレツ+ポテトグラタン(アボカド、チーズ、ほうれん草)

オムレツ

コーヒーとレモネードで合計26ドル!
食べきれない位の大皿を普通に美味しく食べました。
食べ物が食べたくてリピートすることはないと思うけど、雰囲気を楽しみたくてまた行く可能性はアリ。






今日のゆうはん (すてーき)

  • Post on 2012.06.09 20:22
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今日の夕飯はステーキ。
グリルしたお肉にオリーブオイル、ちょっとハーブ、マスタードを混ぜたタレをかけてた。

マッシュポテトとインゲン付きです。

2012-06-07-niku.jpg

お肉は脂身が少ない「アメリカのビーフ」って感じだったな。
昔は脂ガッツリなとろけそうな和牛ばかりを焼き肉やで頼んでいた両親が「最近はアメリカ肉の方が食べやすい」と口癖にしてるのを思い出した。

これはペルシャ人パン屋で買ったパン。

2012-06-07-pan.jpg

ゴマが上にのってる。
ちょっとパサパサしていて、中途半端な甘みがあって、あまり好きじゃないパンだった。

同僚のペルシャ人はこのパンとシチューみたいのを一緒に食べてるのをよく見るよ。

胎児と話す道具

  • Post on 2012.06.08 15:55
  • Categry : Life
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
朝、旦那さんはトイレから出てきて
おもむろにトイレットペーパーの芯を私のお腹にあてた。

listen.jpg

聞いてる・・・
胎児の言葉を聞こうとしてる。

すると今度はトイレットペーパーの芯を口に当てて
「愛してる」と、話し始めた。

talk.jpg

胎児と話すブリガーフォンというのがあるのを知っていたけど、トイレットペーパーの芯で話すのも見ていて面白い。

bliger.jpg

ちなみに私は胎児とテレパシーで話す。
信じられないかもしれないけど、質問をするとしっかりと答えてくれるし感情なんかもちゃんとキャッチできるよ。
どんな風に育てて欲しいとかも言ってくるんだよ。

自分の中にいるんだから、当たり前か。

お腹の外に出たら分かりづらくなっちゃうんだろうなぁー。

旦那はトイレットペーパーの芯、私はテレパシーで胎児と会話。
家にはブリガーフォンは必要ないみたい。

今日のゆうはん (ぱすた)

  • Post on 2012.06.06 19:35
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今日の夕飯、
まず鶏肉のグリル。

ささみに卵をあえて、ちょっと粉と最後にパン粉を掛けてた
それをオーブンで焼くだけ。味付けは見てないからわからないです。

2012-06-06-chicken.jpg

盛りつけるとこんな感じ。
やっぱり皿がかわいい

2012-06-06-chicken2.jpg

ビールのつまみに最高だけど、今はお酒が飲めないよ。

パスタはズッキーニのフェットチーネ。
ズッキーニだけ。タマネギもニンニクも入ってない、ズッキーニの味が勝負のパスタ。
ズッキーニの味がたんまり香って贅沢な料理だった。

2012-06-06-pasta.jpg

最後は野菜さん。
私の作ったのは昨日と同じキュウリを切っただけ。
飽きないように、切り方を変えてみた。

旦那のサラダは小松菜のサラダ。
昨日とドレッシングをかえてた。オリーブオイルベースだけど、ほんのちょっとだけ胡麻油をたらすの。
味がしまってすごく美味しいよ。

もと、ロブションのシェフの人に習った小技。

2012-06-06-yasai.jpg

私達の食べるものは素材重視。
料理は決して凝ってない。でも、素材をいかした料理を心がけてる旦那。
素材を生かす料理方法はイタリア料理と日本料理の共通点だって。

美味しい素材が作れるような土地と海を子供達の為に残そう!


今日の朝ご飯 (クロワッサン)

  • Post on 2012.06.06 19:28
  • Categry : Food
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
昨日の夜、

2012-06-05-im1.jpg

サツマイモをふかして、適当にカスタードクリームもどきをつくった

2012-06-05-imo2.jpg

それもこれも、クロワッサンに巻き込むためだった

2012-06-05-croissant1.jpg

わざわざ夜に用意したのは、朝食べるためだった。

2012-06-06-croissant2.jpg


やっぱり焼きたてはおいしい・・・


△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。